弁護士への謝礼

もし交通事故にあってしまった場合は、交通事故の弁護士に依頼するのが一番よい方法であると考えられます。交通事故を専門として過去に多くの事例を扱ったことがある弁護士であれば、あまりにも低い慰謝料であるとか、あまりに高額な慰謝料の問題などを解決してくれる可能性が高くなります。もし、自分一人でこういった法律問題を解決するとなると大変な労力がかかってしまうでしょう。 こういった弁護士に依頼することによって、もしかしたら低かった慰謝料がもう少し多くもらえたり、高額すぎる慰謝料が低く抑えられたりしたら、弁護士に依頼してよかったということになります。 法律の問題が解決したわけですから、中には謝礼を基本的にかかる弁護士費用とは別に渡すケースもあるようです。 ですから、基本的な報酬以外にも謝礼を渡さなければならないのかと悩んでしまう人も多いそうです。しかし、別にこれは義務ではありませんから、謝礼を無理して渡す必要はないといえます。謝礼を渡す代わりにお礼状などを渡すというケースもありますから、気持ちを伝えたいからといって謝礼にこだわる必要はないようです。


Copyright© 2010 交通事故の弁護士教室 All Rights Reserved.